RECENT COMMENTS×
PROFILE×
LOGIN×
userid:

password:



1984

ここまで ここから 

<< Re-STANDARD | main | 動く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2013.06.25 Tuesday | - | - |
はるのひ

はるのひ

いつもの窓から。

私にとって家での風景といえば、この窓の外に広がる景色だった。
部屋の扉を閉め切ってカーテンを大きく開け放ち、見上げる。
たかが窓の外でも、家と学校の往復を常とする子供にとって、思いを馳せるには十分。
今日はどうやって時間をかけて家に帰ろうかと考える時間の情けなさも、
家の扉を開ける瞬間に震える手の余韻も、
この窓の向こうを眺めることで、全て忘れた、ことにした。
進むことも壊すことも考えるのはもう億劫で、なすがまま。


そこにひょっこり現れた。

私の小さな世界を優しく容赦なく壊した人。
数えきれない初めてを見せてくれた人。


私は今、毎日をととととん♪と生きている。
いいことも悪いことも訪れる。
誰もが歩く、でこぼこした毎日を。いつもの日々を。
温度のある日々を。


それでも、こんな春の始まりにはどうしてもなぞってしまう。
記憶を。
そしてやっぱり怖くなるんだよ。

そうやって耐えられなくなって、またずるい手を使う。
迷ったけど、すぐ消してしまうかもしれないけれど、
あの日の自分を再び載せることを今は許してもらう。

 

 

平常を、なぞるように重ねる
| 2012.03.23 Friday | - | comments(0) |
スポンサーサイト
| 2013.06.25 Tuesday | - | - |
COMMENT











(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.